コラム

コラム

「大きい組織」と「小さい組織」

   「大きい組織」と「小さい組織」の違いとは?

   経理転職



企業にはいわゆる大企業中小企業があります。


これは上場企業にも非上場企業にも言えることかと思います。




上場していない大企業の商品・製品・サービスは身の回りにあふれていますし、


逆に名前も聞いたことのない小規模の上場会社もたくさん存在します。


働く上では、果たしてどちらが有利ということはあるのでしょうか?


例えば、「信用力」。

誰もが知っている大企業に勤めているほうが、

社会的信用力が大きいとよく言われます。

転職においても、聞いたことのない小企業よりは、

大企業の方が安定していそうなイメージがあります。


では、経理・財務の道を進む方の場合はどうでしょう?


決算までの経験が少ない方は小企業、

もっと言えば、「経理部の規模が小さい企業」が当初は理想でしょう。

大企業においては、経理業務というものは作業が細分化されています。

場合によっては、数年請求書発行・債権管理のみをやってもらう…

という企業も多いことでしょう。


これでは、いつまでたっても決算までできません。

規模が小さい=仕事のチャンスが多いと言い換えられるでしょう。