コラム

コラム

転職活動のための事前準備-キャリアの振り返り-

  まずは、今までの自分を復習しましょう。

    転職活動のための事前準備

今回は「転職活動のための事前準備」という

タイトルのもと、お話できればと思います。

年末年始に準備を始める方もいると思いますが、

少しでもご参考になればと思います。

転職するにあたり、まず読んでもらいたいのは

「どうして転職したいと思っているのだろう?」というコラム。

転職活動を始める際、「なぜ転職したいのか」ということを

自分の中で考え抜くことがとても大切です。

そして自分なりの答え(転職理由)が出てきて初めて準備にとりかかって下さい。

なぜなら、このあとに準備しなければならないさまざまなものについて

真剣に考えることが出来ますから。


さて、考え抜いた結果、「転職したい」という方向性が決まったのであれば、

応募するための書類を作成しなければなりません。

履歴書職務経歴書ですね。

すでに転職経験がある方であれば、過去に作成したものをお持ちかと思います。

初めて作成される方であれば、

ネットで検索をすればさまざまなサンプルが出てきますので、

そちらを参考にされるのも良いかと思います。


ここで、アドバイスさせて頂きたいことは、

「作り直すこと(新しく作成すること)」です。

既に作成済みの方も、同じ書式で全く構いませんので、

新しく作成してみてください。(但し、コピペはNGです。)

何故か?あくまでも持論でありますが、新しく作成していくことで、

どんな業務を行っていたのか等の「当時の自分」を思い出して頂きたいのです。

(昔の音楽を聴くことによって当時の自分を思い出す、といった感覚でしょうか。)

その過程の中で、新たに追加したい業務やPRポイント等が出てくるかもしれません。

また、面接の際、どのような質問が飛んでくるか分かりませんので、

面接対策のひとつになるかと思います。


転職の前に「今までの自分を復習すること」、とても大事なことかと思います。

  次に退職理由を考えましょう。

さてさて、履歴書・職務経歴書の作成がひとまず終わりました。

次に準備しなければならないことは、「退職理由」でしょうか。

退職理由ついては、職務経歴書内に記載されている方も多くお見受けされますが、

ほとんどの場合、面接時に聞かれるかと思います。

人によって退職理由はざまざまであると思いますが、

「相手を説得できる」退職理由を述べれるよう、事前にきちんと用意をしておいて下さい。

「なぜ転職したいのか」ということを考え抜いたのであれば、

その理由はすんなりと出てくると思います。

しかし、それが単なる会社の批判にならないようにすることは大事かもしれません。


次は、「自己PR」。結構難しいですよね。

自己評価・自己分析をすることが必要です。

性格や仕事を視点とした上での自己評価、

他者からの評価を参考にするのはもちろんですが、

趣味、特技、友人関係、家族等、自分が生活している上で

接点のある人・事柄を視点とした分析をすることによって、

さらに自己PRに深みが出てくると思います。

新年を迎えるというタイミングでもありますので、新しい年の目標を考えるとともに、

今までの自分を振り返りながら、ゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。


退職理由や自己PRは履歴書や職務経歴書に記載していても、

面接の際に直接聞かれることがほとんどです。

退職理由や自己PR含め、応募書類を見て質問されそうな事項に関しては、

予め回答を用意しておき、「紙に書き落としておく」ことが重要かと思います。