コラム

コラム

転職活動のための事前準備-想定問答集の用意-

   想定問答集を用意しよう

  転職活動のための事前準備     

人材紹介会社への登録も終了し、

さまざまな求人案件へ応募(エントリー)を

していくことになると思います。



すでにご承知と思いますが、求職者が圧倒的に多い時期でありますので、

一つ一つのエントリーや面接を大事に、そして、後悔のないものにしていきましょう。

そのために、もう一つ事前に用意しておかなければならないものがあります。


「想定問答集」です。


よく、面接の際に質問された事項にうまく答えられなかった、

という話を聞きますが、これは事前のしっかりとした「想定問答集」対策が

出来ていないことも理由の一つかと思います。


もう一度、自分の履歴書・職務経歴書を見直してください。

ここで大事なことは第三者的視点で「客観的にみる」ということです。

人事担当者になったつもりで。

そして、履歴書・職務経歴書をみて、質問されそうなところはないか、

じっくり見てください。

自分の書いた書類は「自分にとっては当たり前のこと・知っていること」なのですが、

人事担当者からみると、「全てが知らないこと」であります。

今まで勤務してきた会社の概要や実際に携わった業務内容、

マネジメントした人数などなど。


過去のコラム(2008/12/26)にて、

「職務経歴書を書き直し当時の自分を思い出して頂きたい」と書かせて頂きましたが、

「客観的な自分」と「主観的な自分」を入れ替えながら、

「質問事項を考えながら」、「答えていく」ということを繰り返していくのです。

その「質問」と「答え」は必ず紙に書き落としてください。


これを繰り返し行うことによって、ある程度の質問には

対応できるようになると思います。

そうすると、自分の中に「余裕」「自信」が生まれ、

面接の際に有利になると思います。