コラム

コラム

「志望動機」と「退職理由」

column1019.jpg

面接時において緊張をしないようにする為、

またしっかりとアピールをする為の、

「面接に対する準備」とは、
どのような事をすればよいのでしょうか?


以下、様々な企業規模にて複数の内定をもぎ取った転職登録者のご回答を参考に、

まとめてみましたので、ご参考にして頂ければと思います。


一、シンプルな質問に対する想定問答をしっかり考えておく

ここで言うシンプルな質問とは、主に以下のような質問を指します。

・「なぜ現職を辞めたい(転職したい)と思ったのですか?」

・「なぜうちの会社を志望したのですか?」

シンプルかつ定番の質問内容で意外かもしれませんが、

実はこの「退職理由」と「志望動機」の2つの質問が

とても重要な質問になります。


二、学歴から職歴、そして現在に至るまでの経緯説明を円滑に行う事ができるか

これも当たり前のことですが、意外にもできていない方が多いのが事実です。

ポイントは、万人が聞いて「十分な理解」と「背景を想像・理解できるか」

に尽きます。

もちろん上記はほんの一部であり、基本中の基本を敢えて挙げてみました。

無論、面接企業や応募職種に応じた特別な対応策も必要なケースも多々あります。

しかし内定成功者の傾向は、まずは面接の本質とも言える上記設問に対する回答を

しっかり磨きを掛けており、また面接にて求められるものや、

面接における質問の趣旨を良く理解しているからこそ、

ゆとりを持って臨んでおり柔軟なやり取りや受け答えができるのも事実です。

基本中の基本をしっかり押さえること

まずはこれが最重要面接攻略の一つだと思います。



それでは、次回は「志望動機や退職理由、経緯説明の重要さ」と

「人事担当者側の面接における質問の趣旨」について考えてみたいと思います。