コラム

コラム

派遣社員の働き方
〜離職期間を有効に使う〜

派遣社員の働き方〜離職期間を有効に使う〜

リーマンショック以降、

日本の雇用情勢は厳しい状況が続いており、

転職活動をされている方々の中には、


離職期間が長くなってしまっている求職者も多いのが現実です。


企業側も離職期間が長いこと懸念材料として見るケースもあり、

面接時にも「離職期間中はどのように過ごしていたか」

「即戦力としてすぐに動けるのか」という手厳しい質問を

受けた方もいらっしゃるかと思います。


離職後にカウンセリングに来られたCさんは、

「離職期間が長くなることは、転職活動に不利になるのではないか」

という不安を抱えていたので、

正社員での採用が決まるまでの「一時的なつなぎ」として、

派遣就労と転職活動の両立をご提案しました。


派遣社員として働きながら、転職活動を行うことは大変ではありますが、

実務に触れることで、今後自分がどういうキャリアを積んでいきたのか、

自分自身を見直す良い機会となり、半年後に内定を勝ち取ることができました。


離職期間を集中的に転職活動にあてるという考え方もあると思います。

しかし、離職期間が長くなるにつれ、気持ちもだんだんとふさぎこんでしまい、

面接にも影響が出てきてしまうこともあります。


働くことで社会との関わりを持つことができ、

今まで培ってきたスキルを鈍らせず、かつ新しい職場で経験を積める、

そして、新しいチャンスを掴むことができるのも、

派遣社員の働き方ならではでないかと考えます。


(つづく)


※派遣案件一覧はコチラ↓↓様々な職種を取り扱っています。

「人材派遣:最新案件情報」