転職活動のポイント

転職活動のポイント

履歴書の書き方

 転職活動において、「履歴書」及び「職務経歴書」の提出は必須となります。
そのため転職を成功させる最初の鍵は「履歴書」と「職務経歴書」の書類選考となります。

 最近ではパソコンでのフォーマット入力での提出が可能となっている為、履歴書作成日が空欄であったり、西暦、和暦が混合していたり、体裁が悪いものをよく見かけます。書類選考の段階で悪い印象を与えないためにも、いい印象を与えるための「履歴書」作成のポイントを挙げますので、是非参考にして頂ければと思います。

履歴書フォーマットはこちら

 

履歴書の書き方

 

ポイント1:写真
  • できれば、写真屋さんなどできちんと撮りましょう。(印象が格段に良くなるので)
  • 一般的に白黒より、カラーのほうが見栄えが良くなります。
  • 一般的な履歴書添付サイズは4×3cmになります。
  • 表情や髪型は、清潔感があり明るいイメージを与えるようにしましょう。
  • 服装は男性も女性もしわのないスーツで、ワイシャツも白が望ましいです。
  • 男性の場合、ネクタイが曲がっていないか確認しましょう。
  • 証明写真は3ヶ月以内に撮影したものを使用しましょう。
ポイント2:日付
  • ご面談当日の日付けを記載します。
  • 年号は、西暦か和暦かに統一します。職務経歴書とも合わせて下さい。
ポイント3:氏名(フリガナ)
  • 文字のフォントサイズ・バランスを考えて適度なサイズにします。
  • 姓と名の間にスペースを入れて、配置もバランスよく体裁を整えます。
ポイント4:年齢
  • 年号を西暦か和暦(平成・昭和)で統一します。
  • 意外と年齢の入力ミスが多いので注意しましょう。
    ⇒ 転職を何度かご経験されている場合、過去の年齢のまま表記されているケースも…。
ポイント5:性別

フォーマットが男・女で選択する場合には、○をセンタリングでバランスよく囲みます。

ポイント6:住所
  • 郵便番号は省略しないで記載するようにしましょう。
  • 住所は、都道府県からきちんと記載しましょう。
  • フリガナの記載漏れに注意して下さい。
ポイント7:連絡先
  • 緊急の場合などに連絡がとれるよう、出来れば自宅番号のみならず携帯番号も記載するようにします。
  • メールについてもパソコンアドレスだけでなく、携帯アドレスも記載するといいでしょう。
ポイント8:学歴
  • 学歴は出来れば小学校から記載します。
  • 小学校・中学校は卒業年月のみで、高校・大学は入学年月、卒業年月を記載するようにします。
    ⇒ ※学校名、大学の学部・学科は省略しないようにしましょう。
ポイント9:職歴
  • 入社した全ての会社の入・退社年月を記載します。
  • (株)と省略せずに正式な法人名を記載しましょう。
  • 社名変更している場合は、○○株式会社(旧・△△株式会社)と記載します。
  • 企業の合併・買収等で在籍者数が増える場合も記載しておきましょう。
    ⇒ その際、理由を記載しておけば、理解していただけます。
  • 最終行に「現在に至る」と記載後、その一行下に右寄せで「以上」と記載します。
ポイント10:免許・資格
  • 免許・資格は基本的に全て記載します。
  • 資格は正式名称できちんと記載しましょう。
  • あまり関連性のない資格や中学生で取得するような資格がたくさんある場合には、逆にマイナスな印象を与える可能性があるので注意しましょう。
ポイント11:得意な分野
  • 出来れば職種に関わる内容で記載しましょう。
  • 職種に関わらない内容でも、積極的に記載してください。
ポイント12:スポーツ・クラブ活動・文化活動など

 面接時に共通のスポーツなどで、面接時における場が和む場合があります。出来るだけ記載したほうがいいでしょう。

ポイント13:趣味・特技

 ポイント12スポーツ・クラブ活動・文化活動などと同様です。さらに人事の方が、ストレスを解消するやり方は・・・というような質問が出たりするので、趣味・特技は必ず何か記載するようにしましょう。

ポイント14:配偶者、配偶者の扶養義務

 フォーマットが有・無で選択する場合は、○をセンタリングでバランスよく囲みます。

 以上、主なポイントになります。人事の方にいい印象を与えられるよう心掛けながら、作成後は再度、誤字脱字がないか確認しましょう。また記載内容についてご相談がある場合は、PPSのアドバイザーが具体的にアドバイスをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。